大型バーベキューグリル IRORI-700s

支柱

網の高さ調整により火加減を調整でき、鉄板の使用も可能。一点一点手作りで作っています。

3本の支柱で構成されており、真ん中の長い支柱が網台の高さ調整や回転のための軸となり、オプションの吊金具や自在金具等の取り付け柱も兼用しています。

3本の柱はレバー付きの専用ボルトによって固定されているため、車載しての運搬や倉庫への片付けの際は分解できる構造になっています。

ステンレス網

外寸60cmで直径2mmのワイヤーを10mmピッチで編みこんだ網です。

パエリア鍋

網受けリングに乗っかる外径54㎝のパエリア鍋。

網受けリング

長い支柱に取り付けられた網受け金具に装着して使用します。網や鉄板等をのせて使用します。

角度調整金具

支柱1本のグリルの場合、鉄板を乗せると鉄板の重さによって鉄板手前側が下がる傾向にあります。金具の専用ボルトを時計回りに回転させて、鉄板下がりを補正することが可能です。

特にパエリヤを作る際は、鍋を水平に保つための微調整に使用します。

円形炭台

中心部に炭排出口を兼ねた空気取り入れ口があり、炭の効率的な燃焼を実現します。また、四角形のグリルのような角部のデッドスペースがなくなり、円形全体に広げた炭が無駄なく焼きスペースを確保します。

ガーニッシュバー

炭台が高温になり手が触れることによる火傷を防ぐため、一定距離以上近づけないよう安全手すりの役目と、持ち運ぶ際の持ち手の機能を持たせています。

灰受け兼火消つぼ

残った炭を炭台中心の穴から、炭台下の灰受けに落とします。灰受けに付属の蓋をすることで、火消つぼになります。炭の後始末が簡単になり、庭の芝生を焦がす心配がなくなります。

このページの先頭へ
(C) 2021 BB-CAN. All rights reserved.