バーベ缶とは

バーベ缶とは、缶に入ったバーベキューグリル(商標・意匠登録済)。バーベキューグリルを缶に入れる事で、携帯性がよくなったり、バーベキュー後の片付けが簡単になるなど多くの利点があります。

持ち運べるという発想にいたるまで

BB-CANのこれまで

古来より人は火を囲む生活を営んできた。『人と人とを繋げる』空間を築く火は、自然に会話が生まれるコミュニケーションの場であった。家族や仲間、小人数で楽しめるBB-CANはそんな空間を提供する。準備や後片付けに手間がかかったのでは、バーベキューを思いっきり楽しむことができない。

 

できるかぎり簡単に、できるだけコンパクトにをひたすら考えていた時、缶の中へ収納するアイデアが浮かんだ。アイデアを形にするため、何度も試作を繰り返す。形になったのが『BB-CAN』である。『缶に納まる』が基本で、その結果が持ち運べるという発想。

バーベ缶への思い

バーベ缶への思い

バーベ缶への想い(動画)(PV)

すべてをシンプルにしたかった

シンプルな設計

基本構造は3本の足に支えられた本体に、炭受け、火消し壷、焼き網台をセットする。組立はボルトを使わず、差し込んだり、置いたりでセット完了。すべて錆びにくいステンレス製なので、取り外して水洗い可能。網の高さを変える(火力調整)支柱は脚と兼用しパーツを削減。

缶から取り出した本体は、3本の脚を外側に開くことで安定性を確保。火消し壺を本体中央に地面から浮かせることで、芝生を傷めることが無い。収納するための缶は、クッション付のイスとして有効活用。

注文する